メニュー

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療までの流れ

 ステップ①   問診 

 エプワースの睡眠尺度

 ステップ②  検査 

 簡易検査

 ステップ③  検査結果

 睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断  

 ステップ④    治療

   CPAP治療

①問診 

 

睡眠時無呼吸症候群(SAS)問診)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)問診)

エプワースの睡眠尺度

起床時の頭痛や日中の眠気の程度、既往歴、鼻の状態などについて、また夜間のトイレの回数などについて医師からお尋ねします。睡眠中の状態はご自身ではわかりにくいことが多いですし、検査できちんと調べることが出来ますので、昼間の症状についてお伝え頂くことが大切です。
もしご家族などに症状をご指摘された場合などは、問診の際にご同席頂くのもよいでしょう。

*エプワースの睡眠尺度はこちらからダウンロードできます。

来院時に印刷・ご記入の上ご持参下さい。

 

②検査

 睡眠時無呼吸症候群(sas)検査簡易検査

おやすみ前に小型の機械とセンサーを取り付けて、一晩の睡眠状態を検査します。痛みはありませんし、検査機器も小さくて軽いので、いつも通りおやすみ頂けます。(健康保険適用可)
CPAP治療などの治療が必要な場合、適切な治療法をご提案いたします。

 

 

睡眠時無呼吸症候群とは
睡眠時無呼吸症候群検査
睡眠時無呼吸症候群治療-CPAP療法

 

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME