メニュー

虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)の診断・治療

虚血性心疾患とは動脈が狭くなったりすることで、心臓(筋)への血の巡りが阻害されて、心臓に障害がおこる疾患を言います。

一般的に知られている狭心症や心筋梗塞も虚血性心疾患に含まれます。

狭心症・心筋梗塞

心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給している冠動脈の異常によって、胸の痛みや締めつけるような圧迫感を伴う病気が心筋症です。これにより、心臓が壊死してしまった状態を心筋梗塞といいます。診断として最も重要なのは 患者様の病歴を聞くことで、狭心症発作を捕まえられない方も診断が可能です。

治療

狭心症の精査し、必要があれば当クリニックの提携病院へご紹介し、心臓カテーテル検査、冠動脈CTなどの検査を行い、治療方針を決定してもらいます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME