メニュー

高脂血症の治療・②運動療法

[2016.08.22]

 前回は高脂血症の治療法、②食事療法についてお話をしました。

本日は②運動療法についてご紹介をします。

運動はトリグリセライド(中性脂肪)を低下させ、HDL(善玉)コレステロールを上昇させる働きがあります。

運動内容は、短時間でも毎日続けた方が、効果があがります。

無理のない軽い運動 一日30分の運動をできれば毎日(仕事など難しい方は週2回からでも可能です)。

「まとまった時間を30分も忙しくて時間がとれない」と言う方は、こまめにわけて軽い運動をしても良いのです。(10分程度の運動を1日3回にわけて行うなど。)

たとえば、軽いウォーキング、近所のお気に入りのコースを15~30分程度回るのも良いですね。今の季節は熱中症になりやすい為、水分補給を忘れずに、涼しい時間帯を選んで行うと良いかもしれません。

 運動の効果が現れるまでには、個人差はありますが少なくとも3か月かかるといわれてます。無理のないペースで気長に続けましょう。

当クリニック受付では、食事療法や運動療法をご紹介した冊子もお配りしています。ご希望の方は受付までお気軽にお声がけ下さい。

 ③薬物治療については、また後日詳しくご紹介したいと思います。

高脂血症の治療法、食事療法、運動療法のパンフレット

高脂血症の治療法、食事療法、運動療法

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME